おとうさんがおとうさんになった日
0
     長野ヒデ子さんの絵本。『おかあさんがおかあさんになった日』の方がよく読まれていますが、こちらの『おとうさんがおとうさんになった日』も力作です。

    父親マインドを刺激されるところが大きくて、育児パパ達にもっと広まってくれたらいいなと素直に思える絵本です。

    物語は、三人目の出産を控えたお父さんが育児休暇を取るところからスタートします。職場の人たちが応援して始まるシチュエーションからして衝撃的かもしれません。

    そして、お産の支度をするなかで二人の子ども達から「お父さんはお母さんのように赤ちゃんを産んでいないのに、何故お父さんになったって分かったの?」と質問されて、二人の子どもが生まれた当時の心境を語ります。

    その回想シーンの言葉に、父親の実感が伝わってきて、とても好い感じです。また、出産にあたっての父親と母親の心境のちがいが見事に表れています。

    「おとうさんがおとうさんになる瞬間」は、まぶしくて、ふるえて、いつもの景色が輝いて見えて、なんだかくすぐったく、なんだか不思議な力が湧いてくる。

    それぞれの心境にいたく共感しました。ここまでお父さんたちの心のひだを引きだしてくれた長野ヒデ子さんの力量が凄いと感じます。父親たちにしっかりとインタビューされたのだろうな、と思いました。

    いま我が家には新生児がいますが(7月7日夜生まれの女の子)、赤ちゃんの絵がそっくりで、それもまた楽しい絵本でした。

    おとうさんはね、もうすぐうちで あかちゃんがうまれるから、きゅうかをとったんだよ。

    「ねえ、おとうさん」「なんだい」
    「おかあさんは、あかちゃんがうまれて おかあさんになったの?」「そうだよ」
    「じゃあ、おとうさんは、いつ おとうさんになったの?」

    「おとうさんは、どうしておとうさんになったって わかったの?」
    「おとうさんは あかちゃんうまないのに、どうして そうおもったの?」
    「おしえて、おしえて。おとうさんが おとうさんになった日のこと」

    もちろん、おにいちゃんが うまれた日が
    おとうさんが おとうさんになった日さ。

    あの日、おかあさんは まぶしかった。
    おとうさんが おとうさんになった日って、まぶしいんだ。

    「おとうさん、だっこしてください」って、
    はじめて「おとうさん」って よばれて だっこしたとき
    おとうさんになったんだ、って ふるえた。

    おとうさんが おとうさんになった日って、ふるえるんだ。

    おとうさんが おとうさんになった日って、
    いつものけしきが かがやいてみえるんだ。
     
    おとうさんが おとうさんになった日って、
    なんだかくすぐったいんだ。

    おとうさんが おとうさんになった日って、
    なんだか ふしぎなちからがわいてくるんだ。

    かわいい かわいい あかちゃん。
    あかちゃんがいると うれしいな。
    おとうさんは、もっと もっと おとうさんになった。
    おにいちゃんは、もっと おにいちゃんになった。
    あこちゃんは、おねえちゃんになった。

    あかちゃんがうまれて、うれしい日。

    | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Link