忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
0
    子育てハッピーアドバイス・シリーズ、ベストセラーのパパ本定番。冒頭のメッセージからして圧巻。

    お父さんが育児をすると
    (1)お母さんが楽になる。そうすると、お母さんと子どもの、よりよい関係が築かれる。お母さんの、お父さんへの愛情も深くなる。
    (2)子どもは、自分はお母さんだけでなく、お父さんからも愛されているんだという気持ちをもつ。自己評価が高くなる。
    (3)お父さんがほめてくれると、子どもが友だち関係や学校、社会に出ていくときの勇気になる。
    (4)お父さんが体を使って遊んでくれると、体も丈夫になる。
    (5)お父さんにちゃんと叱ってもらうと、子どもはルールを守れるようになる。
    (6)お父さんがジョークを言うと、家の中にゆとりができる。

    子どもが生まれたらーお父さんにできること
    (1)できるだけ早く帰る
    (2)自分のことは自分でする
    (3)お風呂に入れる
    (4)夜泣きをあやす
    (5)おむつを替える



    子育てに関わることは、父親にとって、広くいえば、自分の生き方を見直す大切なきっかけになります。子育てに関わることは、決して時間と労力を犠牲にすることではなく、父親の人間性を豊かにし、幸せを与えてくれるものなのです。

    確かに、自分の好きな仕事に熱中して、子どものことなど、ほったらかし、という男の人もあります。しかし、多くの父親は決してそうではなく、何とか子どもに関わりたい、家に帰りたいと思いつつ、仕事の状況がそれを許さず、仕事と育児の板挟みで深刻に悩んでいることも多いのです。

    子どもがお母さんに求めるのは抱っこだとすると、お父さんに求めるのは「高い高い」だという話があります。お母さんが与えるのが安心感だとすると、お父さんが与えるのは自立心と勇気おということかもしれません(もちろん、それが逆でもいっこうにかまわないのですが)

    お父さんは、子どもにとって初めて出会う社会です。お母さんとの一対一の関係から出て、初めて出会う他人がたいていお父さんだからです。そのお父さん体験がどういうものかによって、子どもが社会をどう見るかが、強く影響されます。

    お父さんからほめられ、認めてもらうと、子どもは自信をもち、そんな自分はきっと友達からも認めてもらえる、学校でも認めてもらえる、そして、社会でも認めてもらえると自信を持つことができます。

    母親の心をいかに支えるか、これが実は、父親の子育てで最も大切なポイントと言っても過言ではありません。そこで、まず大切なのは、妻へのねぎらいの言葉です。

    妻の話しを聞くときには用件がどうかというより、まず気持ちをじゅうぶんに聞いて、わかってあげる必要があるのです。

    お母さんがヒステリーになるのは、母親の性格というより、父親が子どもを叱らないために叱る役まで母親に回ってきてしまっていることが大きいのです。

    父親が叱るべきときにきちんと叱る。このことは、子どもがルールを学ぶために必要なだけでなく、母親と子どもの関係のためにも、とても大切なことなのです。
     
    お父さん、生きていてほしい。これが、子どもたちの、家族の、最後の願いです。
    | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Link