父親の力 母親の力
0
     故河合隼雄先生の著作は、ユーモラスな筆致ながら内容が深く、人間心理と時代性の洞察に優れていて、いろいろと考えさせられるものが多い。

    育児書のジャンルではないが、先生の代表作の一つである『母性社会の日本の病理』は、父親のあり方について考えたい方には必読書と思う。その厚い学術書の内容を簡易にして、語りかける形で書かれた新書があり、まずはこちらを読まれることを勧めたい。

    父親に関する力強いメッセージが多く、母性と父性のちがいについて具体的な形で理解できる。また、日本人の育児の今昔と今後のあり方に関する考察でうなずく箇所が多く、いまどきの育児の悩ましさやあるべき姿について目からウロコがある。

    父親が母親と同じことをしていても意味がないし、子どもが窮屈になるだけ。子育ての孤立化やお金や情報量の問題で何かと悩ましい育児環境のなかで、親は子どもを守りつつも、たくましく育てるために距離を置くことも大切な視点なのだ。

    そのためにも、まずは父親自身がたくましく、自立して生きなければいけないと思った。
    「土をかぶるまでは、子どものことを考え続けるのが親だ」などと言っていましたが、昔は幸か不幸か、考えるだけで、お金もモノもないし、日々の生活に追われていましたから、実際にはたいしたことはできませんでした。それでバランスがとれていましたが、いまは、しようと思えば、お金でたいていのことができる時代です。そこで、なにかとむずかしい問題が生じてくるのです。

    父性と母性のバランスがとれているのがもっとも好ましいわけですが、これまでは、日本人の女性というのは、母性の下積みの部分を世話されてきました。考えてみれば、日本の男性にしても、会社へ行って好きなことも言えないまま、組織に組み込まれてやっているわけですから、母性的に生きているといえます。ただ、その分、家に帰って来てからいばることで帳尻を合わせているわけです。

    母性に関する問題は、子どもが母性にあまり深く取り込まれると、自立できにくくなるという点です。そういう子どもが確実に増えてきています。

    ほんとうに強い父親というのは、子どもに対して、「世間がどうであれ、自分の道を歩め。おまえのことはおれが守る」ということでなければならないのに、日本の父親は「世間の笑いものにならないように」などと、世間の代弁者になってしまっています。よく、昔は日本の父親は強かったと言われるけれども、そういう意味では、私は本質的に昔から強くはなかったと思っています。

    これからの日本の父親というのは、ポストではなく、人間そのものとして居場所を持つという意識をもたなければならないし、そのための練習もしていかなければならないと思います。このままだと、もともと母性が強い日本では、父親の居場所は完全になくなってしまうでしょう。

    本来の意味での父性というのは、日本の歴史にはなかったことです。だから、父権の復活ではなくて、私たちは父性をつくりだしていかなければならないのです。日本のカルチャーの中から、そういう父親を創造していくのだという気構えがないと、達成することはできないでしょう。

    妻に怒られたり、子どもに怒られたりしながら、ぐっとしんぼうしている父親も意味がない。そんな強さではなく、これからは的確な判断力と強力な決断力、不要なものはどんどん切り捨てていくくらいの実行力をもった父親が必要なのです。

     いまは、お金や機械によってなんでも手っ取り早くできることが多いため、家族の問題もそんなふうに考えて「うちの子をなんとかよくする施設はありませんか」などと相談にこられる人が少なくありません。「お金はいくらでも出しますから」と言われても、こればかりは安易な外注の発想ではどうにもなりません。
    それより、無料でできる、とてもいい施設があります。それは、それぞれの家庭です。
    | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Link