岳物語
0
    評価:
    椎名 誠
    集英社
    ¥ 1,260
    (1985-05-14)

     椎名誠さんの親子の関わりを綴った私小説。『岳物語』を初めて読んだのは高校生だった。当時は勿論、親の目線というよりは子どもの立場で、ぼくの父親も椎名さんのように強くも温かったらよかったのにといった感想であった。うちでは椎名家みたいに父子でプロレスをするなんてことはなかった。

    そして、父親になって『岳物語』を読み返す。読後感がまるで変わった。椎名さんの愛情と思いやりが伝わってくるとともに、子どもが自立する姿への寂しさや儚さといったものが、そこはかとない感触で伝わってきた。親になるということは、うれしくもあり、又、さみしいものである。

    椎名さんがテレビや雑誌の有名人になる時期と重なり、仕事で出かける冒険の話題も興味深い。
    海外ロケで3カ月とか半年くらい自宅不在になりことが多い。仕事が充実して超多忙な日々のなか、息子との限られた時間を充実させるために苦心する姿、息子と釣りにいった思い出をよすがに極寒のシベリアで過ごす様。椎名さんの姿から、ワーク・パパ・バランスのあり方が伝わってくるところが大きかった。

    もちろん、この本は小説であって育児書ではない。でも、『岳物語』は父親の一所懸命に生きる姿が子どもに一番伝わっていることと、逆に、父親の想いは子どもに伝わっていかないという両面がじーんと分かる「最良のパパ指南書」なのだ。


    「椎名さんはまだ岳にステられていないの?」 
    千葉の亀山湖に行ったとき、野田知佑さんがエイヤっと投網を打ちながらそんなことを行ったのをこのごろ私はしばしば思い出すのだ。 
    親と言うのはいつまでも子どもの面倒を見ているような気になっているけれど、実際には子どもは思いがけないほど早く自分の世界をつくり出して行ってあっという間に親ばなれしてしまうものだ、というのが野田さんの考えだった。

    その日の夜、私は妻にこのことの顛末を簡単に話した。
    「やっぱりなあ、だんだん反抗的になってきているよ」 夜更けのぬるいコーヒーを飲みながら私は言った。しかし妻の考え方は違っていた。 
    「反抗、というのではなくて彼の自立、というようなものじゃないかしらね。オトコの自立期になってきているのよ」 妻はすこしコシャクなことを言った。 
    「そうか、自立期か・・・」 反抗期ではなくて自立、というふうに理解すると私はすこしやわらかい気持ちになった。
    | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Link