女の子の育て方
0
    カウンセラー業界ではつとに有名な諸富祥彦先生。諸富先生は沢山の心理学の著書があるが、『カウンセラー・パパの子育て論』という育児書がある。10年以上前に出された本で、ぼくは妻が最初の妊娠中に読了した。先生の子育て体験談という印象で、ほのぼのとした育児の楽しさが伝わってきたが、それ以上のものではなかった。

    この冬、『男の子の育て方』『女の子の育て方』という装丁がかわいらしい二つの本が書店に並んでいた。諸富先生の本であり、前著の印象があったのでさほど積極的に読もうとは思わなかった。が、このブログを立ち上げようと思ったこともあり、育児書を沢山読む決心をして、手に取ってみた。文章が前著とまるで変わっていた。

    カウンセリング現場をベースに、深いレベルの子育て論。乳幼児から思春期の子どもまで子育て全般に、また大人として幸せに生きていくために役に立つ内容が、いっぱい詰まっている本だった。先生から伝えられる育児の考え方を学べば、子どもがすくすく育つだけではなく、親自身が救われることがとても多いだろう。全ての親に必需の育児書だ。

    とくに、ぼくに響いたメッセージはこちら。

    「ほめて育てる」のではなく、ともに喜んで育てる

    「ほめる」という行為に操作的なものを感じ、何か違うとずっと思っていた。この文章で腑に落ちた。その後、ぼくも娘と接するときに「ともに喜ぶ」の姿勢を大事にするようになった。

    もう一つ。

    必要なのは「期待」ではなくて「応援」

    子どもは親に期待されていることは言われなくても分かっている。期待すると、裏切ったり裏切られたりの感情が湧く。相手を信じて、ひたすら応援する姿勢を大切にしよう。

    幅広い年代への子育てに通用し、本当に役に立つという稀有な育児書。女の子と男の子がいる家庭であれば、一家に二冊。
    (本文より)
    女の子の育てたい力は、「人を愛し、人から愛され、幸せな恋愛・結婚をして、幸せな家庭を築ける力」「もし結婚してもしなくても、じゅうぶんに自分で生活でき、しかも生きがいを持って日々の仕事に取り組んでいけるキャリア力の二つでしょう。「恋愛・結婚力」+「賢明に生きるキャリア力」=「女の子」の幸福力」なのです。

    お子さんをハッピーな女の子にする一番の近道。それは、ほかでもないお母さんご自身が、心からハッピーになって生きていることなのです。
    お母さんが毎日を楽しそうに過ごしていれば、娘さんは必ず、「ああ、人生って楽しんでいいものなんだ!」と感じて、生きることに積極的になります。
    反対に、お母さんが毎日つらそうにして生きていれば、娘さんは、「生きていくってつらくて、大変なことなんだな」と、ネガティブな人生観を持ってしまうのです。

    お子さんの成長に応じて、必要な愛情の質も少しずつ変化していきます。子育ての仕方も、ギアチェンジしていく必要があるのです。具体的には、次の「子育ての3つのステージ」ごとにシフトしていきましょう。
    .薀屮薀峇・・0歳から6歳くらいまでの、いわゆる乳幼児期(生まれてから幼稚園・保育園まで)
    △靴弔唄・・・6歳から10〜12歳くらいまでの、いわゆる児童期(小学生時代)
    8守り期・・・10歳から12歳以降、18歳くらまでの、いわゆる思春期(小学校高学年から大学生くらいまで)

    お子さんにとって一番必要な愛情は、なんといってもスキンシップ。肌と肌のふれあいこそ、愛情を伝えるのに最も効果的な方法なのです。
    女の子の場合、親御さんとのスキンシップが不足すると、中学生、高校生になって不本意なセックスに流される危険性が高くなります。

    手出し・口出しやお膳だては、お子さんのためになるどころか、お子さんから自立心を奪ってしまいます。「どうせ自分で考えても無駄だから・・」「ママの言うとおりにしておけばいいんだ・・」と操り人形のようになってしまいかねないのです。

    世間では、「子どもが小学生くらいまでは家にいて、10歳くらいになって手が離れたら働きに出始めよう」と考える人が多いようです。私をはじめ、心理カウンセラーをしている多くの仲間たちの考えはまったく逆です。
    10歳から15歳ぐらいまでの思春期は、子ども、特に女の子の心が人生で最も不安定になりやすい時期です。お子さんが苦しい場面に直面したとき、いつでも自分からSOSが出せるように、そばにいてほしいのです。

    カウンセリングで子どもの気持ちを聴いていてすごく感じるのは、ほめすぎよりも、厳しくしすぎるほうがお子さんの心や人生にはるかに大きなダメージを与える、ということです。

    「素直に受け入れる力の」高い女の子は、「よくできたね」「大丈夫だよ」といった励ましの声かけによって、さらに「コツコツ続ける集中力」を高めていきます。
    親から「かわいいね」と言われ続けて育った子どもは、「自分はかわいいんだ」と思うようになり、女性としての自分に自信を持つようになります。そして、やがて誰からも「かわいいね」と言われるような「愛されオーラ」を発する女性になっていくのです。

    いまどきの学校で起きる問題、特に小4から中3くらいにかけての問題というのは、精神力で耐えられるような、生やさしいものではありません。
    重要なのは、受験させるか公立を選ぶかということより、通わせる学校の質そのものです。
    子どもにとってよい学校を選ぶポイントは、次の一点。「先生同士が仲良く、楽しく勤務している学校を選びましょう」

    何でも与えられすぎたために、子どもたちは「自分は何が欲しくて、何がしたいのか」がわからなくなってしまっています。そのせいで、生きていく力、生命力そのものが低下しつつあるのです。これは、決していいこととは言えません。

    人生を生きていくうえで、何よりも重要なもののひとつ。それは、お子さんが「これさえあれば幸せ!」と感じられる「没頭できる何か」を見つけることです。
    大切なのは、「親が子どもにしてほしいこと」をさせるのではなく、「子どもが夢中になっている世界」を見守って、子どもの中に隠れている才能の芽をゆっくり育てていくことなのです。
    もし、お子さんが「ご飯だよ」を無視して、何かに夢中になることができるなら、立派なもの。食事も後回しにしたいほど何かに我を忘れて熱中するというのは、子どもの集中力や探究心がまさに花開いている証拠です。

    私が娘に伝えたいのは、「働くというのは、楽しくて、同時に人や世の中に役に立って人に喜ばれるものなんだ」ということです。
    では、働くことの歓びや楽しさを子どもに伝えるには、具体的にどうすればいいのか。私の一番のおすすめは、お父さんお母さんのお友達で、さまざまな仕事に就いている人たちを家に呼んで、直接お子さんと話をさせることです。



    | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Link